2009年08月23日

ランスのススメ

なんかP2G時代にも同じようなことを書いた覚えがありますし、MH3でも同じようなことを書いた覚えがありますが、改めて言いたい。


ランスが凄い楽しい!


声を大にして主張したい。ランス、良いです。楽しいです!
何が楽しいかって、MH3でついに是正された「当たり判定」の厳密化、とでも言うのでしょうか、「見た目通りの当たり判定」による恩恵が、非常にランスを面白い物にしています。

要は、ステップによる回避が凄くやりやすいのです。

まず、ほとんどの大型モンスターが繰り出す尻尾振り。これが回避性能スキルなしでも、ほぼ回避できます。

「回避→振り向いて2回突き→もう一回回避→3連突き」

なんてのが決まると、もう脳汁垂れ流しって感じです。
ペッコの回転攻撃も、レイア・レウスの尻尾攻撃も、果てはディアの尻尾振りまでサイドステップで全部かわせちゃいます。
それも、回避性能スキルなしで、です。

ランスと言えば鉄壁のガードですが、一方で攻撃後の左右+後方へのステップによる回避もまた、ランスの魅力。MH3ではこの魅力が、私のようなへっぽこランサーでさえ、それなりに実感できるのですよ!
これはもう、ランスを使うしかないでしょう!!

他にもモンスターがぐぐっと体を引いた後に繰り出すタックル攻撃。これもタイミングと方向さえ間違わなければ、さくっと回避できてしまう。
ドスジャギィ辺りで練習し、回避性能+1が発動するペッコ装備を身にまとえば、なんとあのアグナコトルのタックルさえ、かわせてしまうのですよ!
これが決まった時なんて「あれ、私ってもしかして凄腕ランサーかしら?」とか思っちゃいます。
華麗なステップで攻撃を避け、ツンツンと刺す。いやはや、ランスは面白いです。


そして更にもう一つ。
残念ながらまだ習得していませんが、新たに加わったカウンター突きが凄い。ランスの立ち回りを劇的に変えかねない、凄い性能になっています。
というのもこのカウンター突き、3連突き直後に非常に素早く移行することが可能なんです。

その凄さを実感したのが、ベリオロスと戦った時のこと。
ベリオロスの頭に3連突きをお見舞いしたところ、そこでベリオロスがぐっとステップの構えに移行したのです。
位置的にどうステップを踏んでも、普通なら攻撃を食らうシーン。要は2回突くところを3回突いてしまったシーンです。
そこでカウンター突きを入れたところ……ありえない速さで溜めモーションに移行し、ベリオロスのステップをガキンとガード。
カウンター突き自体は空振りでしたが、ピンチの状況をノーダメージで切り抜けたのです。

こ、これは凄い……。

1ステップで危機を抜け出せない状況になった時に、咄嗟にカウンター突きに付随するガードで凌げたら、ランスの戦い方はより華麗になると思います。
攻撃後にステップかカウンター突き。これを上手く使いこなせれば、凄くカッコイイ・・・と思う。

現在、カウンター突きを頭の片隅に常に入れつつやっていますが、中々上手く行きません。ついつい、3突き後にはステップを踏んでしまう。これはもう、クセみたいなもの。
でも時々、3突き→カウンター、と決めれる時がありまして。そんな時はやっぱり脳汁が迸ります。


回避しやすくなったステップ、そしてカウンター突き。
派手さはありませんが、ランス、本当に面白い。
まだランスを触っていない方がいましたら、是非とも試して欲しいところです。
posted by みやび at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

ガンスっぽいランス

ただし、使いどころがイマイチない……。
だってサ、ランスと言えば麻痺ランス、という刷り込みがあるし、凄い苦労して作ったチャク・ムルカ改だから。ついつい、そっちを担いじゃうんですよね。
それにPT戦だとやはり麻痺の効果は非常に高いわけで。
多少の属性ダメージなんて、麻痺に比べれば、ねぇ……。

と言うわけで、イベクエ限定火属性ランスの作成話、その2。
ちなみに日記は分けちゃってるけど、同じ日です。
最後まで書くと長いんだもの。


……え、無駄話が多い?
そんな、私のプレイ日記から無駄を省いたら、何も残らないですよ?


さて、ファミ通チケットが1枚ずつしかもらえないのでは、という疑惑を胸に挑んだ第2戦。
ふと気付けばガンナーさんが近接武器に変わっていた。まぁディアが寝ている時間が短い上に、起きたら速攻で攻撃してくるのなら、近接で一気に削った方が早いかもしれません。
で、今度は1落ちで成功し、ようやく2枚目ゲット……と思いきや。


なんかチケットアイコンが2枚あるよーな……?


なんと、一気に2枚GETです。と言うことは、1枚が確定報酬で、後は抽選次第なのだろうか。これなら5枚、もしくは11枚集めるのも何とかなりそうです。

み「2枚出たー!」
N「1枚ー」
S「1枚ー」
E「出なかったんだけど……」

か、確定報酬すらないのかっ!?
完全なる抽選のようで、今回は私に2枚出た代わりに、1枚も出なかった人が発生。
恐ろしい……アレだけカオスな戦いで、1枚もGETできない辛さはいかほどのものか。


E「取ったな〜! 返せ〜!」
み「残念、レア度5だから渡せませんw」


まぁ、それでも一度に複数枚もらえる可能性はあるわけだし、随分気が楽になりました。
と言うわけで3戦目。どうもこれまでの2戦で気付いた点が一つ。

ごろごろ転がるウラガンキンよりも、潜りと突進しかしないディアを、音爆と閃光で足止めし、先に倒した方が楽なのではないか。

と言うわけで、3戦目は基本的にディアを先に攻撃。罠や音爆、閃光を使って素早く削り、捕獲に成功。
残るウラガンキンを討伐します。
結果的には……どっちが先でもあまり変わらないかな、と。結局3戦目も1落ちが計上されましたし。

で、報酬画面。
おそろしいクチで発揮した、報酬運のなさが恐怖ですが、そこに並んだ報酬は。


上下2段に渡るアイコン群。
明らかにたくさんある青いチケットアイコン。

その数……実に5枚!!


みやび「なんか5枚出た・・・」
一同「ええぇぇぇ!?」


クチのあの苦労はなんだったのか。あっさりと合計8枚に到達したみやびさんは、一足先にファミ通ランスを作成することに成功したのでした。

「まぁ、ぼちぼち集めます」

そう呟いたのは、私に運でも吸い取られたのか、チケット運に見放された方。
ここで参加者が一気に増えて7人になったので、一旦ファミ通クエへの挑戦は終了となったのでした。


それにしても運とは見事にバランスが取れているものらしいです。
チケットはあと3枚欲しいところなのですが……果たして、この日のような強運が舞い込むかどうか。
神経磨り減る戦いなので、出来れば1〜2回で揃って欲しいな、と思うのでした。

posted by みやび at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3