2009年08月19日

最強の敵?

ランサーにとって、麻痺ランスとは一種特別なジャンルだと私は思うのです。
これはP2GにおけるG級麻痺ランス「ダークネス」が、作成が容易でありながら「これ一本で全クエがクリア可能」とまで言われたほどの火力を誇ったことにも起因すると思うのですが、確かに麻痺とランスは非常に相性が良いのです。
ランスはそこそこの手数が出る武器ですし、一番の利点はやはり「狙った部位へのピンポイント攻撃」です。これが相手が麻痺状態だと非常に狙いやすい。麻痺らせて弱点か破壊部位への連続攻撃。これこそがランスの真骨頂と言えるでしょう。

というわけで、3でも早速麻痺ランスを作って使っていたみやびさんなのですが、チャク・ムルカから強化できるチャク・ムルカ改もまた、非常に魅力的な性能です。
ぐぐっと伸びた緑ゲージ。攻撃力も増え、何より麻痺値が120→180と1.5倍です。
これは欲しい。すんごく欲しい。

このチャク・ムルカ改が作れるのは街なら☆3から。
もちろん、みやびさんも☆3に上がるや「チャク・ムルカ改が欲しいんじゃー! 素材集めに協力してくれー!」とフレに泣き付き、チャク・ムルカ改の作成を目指しました。

チャク・ムルカ改に必要な素材の内、麻痺袋*3と氷牙竜の棘*1はすぐに集まった。氷牙竜の棘なんて最初のクエで出た。
凄い順調・・・そう思っていた時期がありました。

残る素材・・・それがおそろしいクチ

なんというか、素材名からしてギギネブラ臭がプンプンします。wikiで調べたら、案の定ギギネブラ素材。
それも頭と腹の同時破壊報酬のみでもらえる素材です。

あのギギネブラの素材の上。
しかも部位破壊報酬のみ?

物凄く嫌な予感がします。ええ、そうです。
モンハンにおける最強にして最大の強敵。ハンターの天敵であり、未だに誰一人として勝利を収めた者はいないという、最強無二のあの強敵が現れる予感。


その名も物欲センサー


ただでさえソロでは部位破壊なんてとても狙えそうにない相手。
しかもみやびさんはPT戦になると素材運が非常に悪くなるという性質を持つハンターです。
どうでしょう。もう悪い予感しかしません。


かくして。
ギギネブラ&物欲センサーという、宇宙最強タッグとの戦いの日々は、幕を開けたのでした。


まずは村クエでギギネブラ狩猟を受注。
どうにか部位破壊をこなすも、回復薬と解毒剤をがぶ飲みし、非常に痛い出費を重ねる。


で、もちろんおそろしいクチは出ない。


予想通りとばかりに、街へ繰り出してフレを捕獲。
「おそろしいクチが欲しいんです」と頼みこみ、ギギネブラの連戦を開始。
これがペッコとかの連戦だったら、問題はないんです。ペッコなら支給品だけで倒せますから。
しかし、相手はかつてみやびさんの胸に深いトラウマを刻み込んだギギネブラ。
食われることこそなくなったものの、とにかくダメージと毒攻撃を受けまくり、お腹がたぷたぷになるほどに回復薬と解毒剤を飲みつつの連戦です。
もし回復薬と解毒剤が0カロリーじゃなかったら、確実にメタボ体型になっていた、と断言できるほどの飲みっぷり。みるみるなくなっていく回復薬Gと解毒剤。

しかし、一向に出ないおそろしいクチ。

恐ろしい・・・マジで恐ろしいよ、この素材。
まるで逆鱗集めを彷彿とさせる出難さだよ、ママン・・・。


かくして、1日で9回もギギネブラ(高難度クエ2回を含む)を倒した結果!!


見事に出ませんでした!!


・・・orz


ギギネブラと物欲センサーの最強タッグとの仁義なき戦いは、まだまだ続きそうです。
posted by みやび at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31421728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック