2009年09月02日

チキン戦法を覚えてしまった!

上位のクエで素材を集めている中で、恐ろしい速さで消費されていくアイテムがあります。
そう、回復薬Gです。
とにかく一発が痛いので、1撃食らったら1本ごくり、というのも珍しくない。相手が怒り状態だと、下手すると2本をごくり、になる。
かつて悩んだこの事態が再び。特にベリオロスを相手にすると、振り向きの足が触れただけでアイタタタ、となったりする。
そこで考えた末、ついに編み出してしまった究極のチキン戦法!
恐らくランスの立ち回りではもっとも安全で、もっともチキンな戦い方!
そう!

シールドバッシュ戦法!

ガード体勢からガード前進、そしてシールドバッシュから3連突きに移ると言う、攻撃の開始時にガード判定がある究極の戦法です。
確かに多少のDPSの低下は否めない。ですが被ダメージも劇的に減り、回復のために離れることが減ったので、それほど低下ではない、と信じたい。
しかもガード前進、どんな攻撃もスタミナ25でガードできる優れもの。連続攻撃も怖くない。

コレがまた、意外な効果もあってスタミナをちまちま削れるのだ。
特に振り向きつつ攻撃が発生する水中ラギアやベリオロスなど、ガード前進からの攻撃が有効な相手ほど、スタミナ削りが有効だから困る。
見た目は超チキンで「み、見ないで〜!」ともだえたくなりますが、手放せそうにありません、チキン戦法。少なくともベリオとラギア相手には。


でも実際、ベリオの正面からのブレスをガード前進で突き破り、頭にバッシュ〜突きを入れられると、凄く気持ちよかったりする。
ブレスに向かっていく私。ガキンと砕け散るブレス、間髪いれずに頭に叩き込まれるシールド・・・快感です。
ランスを使っている方、一度試してみてはいかがでしょう。
多少時間は伸びるかもですが、ラギア・ベリオではオススメです。

出の早い通常攻撃、上手く決まれば一番強いカウンターからの攻撃、そして今回のバッシュからの攻撃。
これらを状況に応じて使い分けられれば、かなり素敵だし強いと思うのだけど・・・中々瞬時に切り替えられないのが悩み。
相手のモーションを覚えるのが重要ですかね、やっぱり。
posted by みやび at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31793270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック