2009年08月27日

夏休みの宿題

そう。

本日はイベクエ最終日!

恐らくイベクエ自体はローテーションで再出現すると思いますが、どのくらいのスパンで再出現するか分からない。
となれば、ここで必要な数のチケット、即ち作成5枚と強化6枚を集めることこそが、ハンターに課せられた宿題と言えましょう!

思えば私は学生の頃、宿題をラスト10日くらいで片付けていたダメ人間でした。
しかし今回は違う。運良くチケットはいち早く揃ったので、気分はとっても余裕です。
普段一緒に狩っているメンバーで、揃ってないのは数名。その数名と有志を募っての、イベクエ回しです。
みやびさんも愛用の槍を担いで参加。


見事に1枚も出ず!


よ、良かった。既に揃っていて本当に良かった。
なんかこう、アンチ物欲センサーがビビビと来たのですよ。
「あ、今日はなんかダメかもしれない」と。

スタートから0枚という幸先の悪いスタートを切ったイベクエ回し。
その後、クエ失敗を挟んで、2回目の報酬は、


1枚も出ず!


さぁ、きた。来ましたよ! ビビビと来ました!
そこから2連続クエ失敗。どうもディアとガンキンが妙に連携を取ってきます。
一方が麻痺になれば、一方が突っ込んできてハンターをなぎ払う。
一方が誰かを壁際にふっ飛ばせば、もう一方も目の前のハンターを無視して突っ込んでくる。
なんか思考ルーチンとか弄ってません? 明らかに難易度上がってると思うんですけども!

その後、メンバーを入れ替え回ってきた、ラスト1回のクエ!
今度は逆に、妙に分断している2匹相手に楽に勝利。
うーん、当たり外れの差が激しいのか??


で、3回目の報酬は・・・


やはり1枚も出ず!


あっはっは、やっぱりなぁ〜。今日はチケット0枚かー!
いやはや、危なかった。まだチケット揃ってなかったら、マジ泣きしてたと思います。
ですがこの時のクエにて、足りなかった人にチケットが出て(ちなみにこの方、その前に残り1枚で2クエ、0枚が続いていた)宿題はコンプリート。良かった良かった。


さて、次のイベクエは詳細不明ですが、9月にはどうもサンデーとのコラボ武器を入手するためのイベクエがある様子。犬夜叉に出てくる武器だとか(今週のサンデーに載ってた)。
うーん、これも楽しみです。多分太刀だと思うのですが。
これまた街にこもっちゃいそうですネ。
村クエ、全然進めてないのですけども・・・。
posted by みやび at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

2009年08月26日

夫妻が強い(特に夫)

リオ夫妻のお話。
上位に話をシフトする前に、やはりモンハンと言えばリオ夫妻の話を外すわけにはいきません。
レイア姉さんについては既に触れたので良しとして、どうしても触れておきたいのがレウスさん。

今回のレウス、凄く厄介。

P2Gの時代は閃光漬けで無力化したり、空を飛んでばかりで空の王(笑)と、常に半笑いで語られた王様ですが、今回のレウスはちょっと違う。あまりワールドツアーには行かないし、滑空攻撃もそんなに出さない。
じゃあ何が空の王かと言えば、そのホバリングの厄介さでしょうか。
とにかくバッサバッサと風圧を発生させながら浮いている。これがまたランスだと厄介なんですよ。
抜刀突きすれば一突きで風に煽られる。
ガードすれば風圧、着地とガードさせられて動けない。
とにかく戦い難さは桁違い。しかしここまで書いて思ったのだけど、風圧無効スキルがあると楽になるのかもしれない。

だがしかし、仮に風圧無効をつけても怖い攻撃がある。そう、バックジャンプブレスだ。
今回、ブレスを受けると着火して体力が減り続ける、という嫌な状態異常が生み出されたことで、このバックジャンプブレスが凄く厄介になった。
特に頭を壊そうと正面から突いていると、絶妙のタイミングで放ってくる。
しかもそこから、狙いを定めての滑空攻撃。何度「死ぬ! 殺される!」と思ったことか。

もしかしたらレイア姉さんを大いに狩りまくったことを、怒っているのでしょうか。ラブラブですね、リオ夫妻。


というわけで、厄介になったレウスさん。
「こりゃ厄介だわ」と判断したみやびさんは、実はまだ2〜3回しか戦ったことがありません。
閃光玉の練習台とまで言われた空の王。
随分と飛ぶ高さは低くなりましたが、実力的にはちょっぴり王様っぽくなったような気がします。

もっとも、周囲により厄介な敵が増えたせいで、相対的に「やっぱ楽な方だよね、レウスって」と思ったりするのですけどネ。
posted by みやび at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

2009年08月25日

ファミ通チケットの怪

前回、1枚、2枚、5枚、と報酬に出現し、周囲も驚くほどの速さで作成分が集まったファミ通チケット。
一応強化分も入れて、残り3枚という状況でした。
イベクエなのでいつまであるか分からないので、とりあえず必要なだけ早めに揃えちゃいましょう、ということで、前回もご一緒したE氏(1枚も出なかったりしてた人)を含む4人でイベクエへ。
私としては残り3枚なので(他に使えるかどうか不明)2クエか、悪くても3クエも回せば揃うんじゃないかな、と思いつつ、ディアとガンキンを狩猟。
さすがにみんな慣れてきたのか、思いの外スムーズにクリア。ちなみに4人全員がランスだったのは、このクエでいかにガードが重要かを表していると思う。
で、報酬画面。

あっさりとチケットを3枚ゲット。

これで強化までに必要な数も揃いました! 早い早い。たった4クエで11枚揃うとは思わなかった。
ルンルン気分で街に戻り報告。

み「3枚出ました〜! 揃ったー!」
E「……一枚もでない」

・・・・・・。
な、なんだこの偏り方は!?
私の記憶を探ってみると、確かE氏は前回の3連戦でも「1枚出た!」「なかった・・・」「またなかった・・・」と、でまくる私とは対照的に、ガックリと膝を着いていたような気がします。
ちなみにE氏は他の方ともクエに向かい、現在4枚を所持。あと1枚でとりあえず作成は可能、という状況。
だがその1枚が出なかった。その落胆ぷりたるや、クチが出なかった私以上ではないでしょうか。一応クチはレア素材ですので、出なくても仕方ないと思えますからね。逆にチケットはレアじゃない、どころか、隣で3枚だの5枚だの言ってるヤツまでいるんです。ショックの大きさは間違いなくクチマラソン以上。

E「リベンジしたいです」
一同「行きましょう! 今度こそ出ますよ!」

と言うわけで、再びイベクエにリベンジ。ちょうど4人だったので、私も一緒に参加。
順調にディアを捕獲し、ガンキンを討伐。さぁ、報酬画面だ!


チケット3枚ゲット。


これで5クエで14枚。
レア素材じゃないとはいえ、これはラッキーにも程がある。

み「また3枚出ました〜」
E「またなかった……」
K「私も出なかった……」

・・・・・・(笑)。
さすがに「みやびさんが周囲のチケット運を吸っている」という新説が、都市伝説だと笑えなくなってきた。何しろここまでのイベクエ5回には、E氏が常に一緒だったのですが、その内4回(実に8割!)のクエで、E氏にはチケットが出なかったわけで。

み「私、Eさんと一緒に行かない方が良いのかな? 絶対なんか、吸い取ってるし」

半ば本気で、そんなことを言ったのでした。


ちなみにその日、E氏はそこで落ち。ガックリと肩を落としながら街を後にするのでした。
イベクエ終了まではあと少し。頑張れ、Eさん!


そして日を改めて、今度はS氏、L氏、K氏とイベクエへ。
一応私は揃ってますが、やはりイベクエは期間限定ですから、みんなが揃うまでは最優先事項。
既にみんな慣れたものなので、さくさくっとクリアして、報酬は。


2枚・3枚・1枚


相変わらずのチケット運です。
ちなみに今日のメンバーで一番揃っていないのがS氏。

そして一番出ないのもS氏だ。

恐るべし、物欲センサー。



しかしその後、イベクエを回すも0枚が2回続く。
どうやらみやびさんの確変もここまでのようです。しかし考えようによっては、これで欲しい人の何かを吸わなくなり、出やすくなったハズ!!

S「出なかった・・・」
L「すいません、吸ったかもしれません。3枚出ました」


なんで既に11枚揃ったL氏に行くかなぁ!!


いやホント、物欲センサーは優秀すぎます。


ところでこれまでやっていて、なんとなく感じていたことが一つ。
一緒にやっていたS氏も同じことを言っていたので、実際にそうである可能性が高いかもしれない推測!!

「両方捕獲だとチケットが出にくい」

そんな気がしますので、チケットマラソン中の方がいましたら、とりあえず一方は討伐を狙ってみてください。


尚、ファミ通ランスの強化には、上位のレウスかレイアの素材と、獄炎石が必要なので、まだ強化できていません。
早く強化したいなぁ。
posted by みやび at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

2009年08月24日

上位入門装備

いきなり上位の話ですが。
ここに到るまでの色々は、まぁ後日折をみて。

どうにか現在、上位に進むことができました。
で、今回は装備の話。とにかく上位では攻撃が痛いので、まずは簡単に作れる装備を揃えることをオススメします。

というわけで、私が実際に作った装備が「アロイGシリーズ」です。あ、近接装備です。
これがありがたいことに、鉱石のみで作成できる装備。
更にありがたいことに、上位クエにはルドロス10頭討伐という、ソロでも簡単にクリアできる上、水没林が舞台のクエストがあるのです。
水没林の5・6辺りでは非常にレアな鉱石がわんさかと出る。
このクエで毎回ピッケルを振りつつクリアしていけば、苦もなく作れることでしょう。

して、その性能は?

防御力:171(未強化/爪・飯なし)
火:+5 水:+10 氷:−5 雷:−10 龍:−5
スキル:砥石高速化・見切り+2・罠師
スロット:2*4=8個 +胴系統倍化(脚)

す、凄い・・・なんだこの、凄い性能は!
まず防御力が、これまで使っていたペッコシリーズや、ネブラシリーズとは1ランク違います。
強化はいきなり上鎧玉を要求され、1回しか強化できませんが。
その後の尖鎧玉は3回まで可能。尖鎧玉までで200を越えます。いやぁ、凄い。
耐性については雷が若干気になるものの、他はそこそこ。実に平均的で敵をあまり選びません。
そして近接には嬉しい砥石高速化が発動し、見切りも+2が発動してクリティカル率も上昇! 罠師で高速設置もできるので、捕獲時もやりやすいです。
更にはスロットも8個も空いているし、胴系統倍化だし。
これだけ空いていれば、スキルの組み合わせは色々考えられそうです。見切りを+3にして、他にも1つ発動できそうですし(1スロ+2のスキル)。

とりあえず胴に達人+3の珠を入れ、見切り+3にするパターン(+空き6つ)用に珠を作成。
更には石壁珠を8個込め、強引にガード性能+1を発動。強走珠1つを武器に入れてマイナススキル鈍足を消すパターン用にも珠を作成。お守りのオートガードとの相性はバッチリです。

とりあえず近接武器の場合、このアロイG辺りなんかはオススメかも、と思います。手数重視の武器には砥石高速が嬉しいし、一撃必殺タイプでも見切りが美味しい。
しばらくはコレを基本に上位をこなし、次の装備を検討しようと思います。
posted by みやび at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

2009年08月23日

ランスのススメ

なんかP2G時代にも同じようなことを書いた覚えがありますし、MH3でも同じようなことを書いた覚えがありますが、改めて言いたい。


ランスが凄い楽しい!


声を大にして主張したい。ランス、良いです。楽しいです!
何が楽しいかって、MH3でついに是正された「当たり判定」の厳密化、とでも言うのでしょうか、「見た目通りの当たり判定」による恩恵が、非常にランスを面白い物にしています。

要は、ステップによる回避が凄くやりやすいのです。

まず、ほとんどの大型モンスターが繰り出す尻尾振り。これが回避性能スキルなしでも、ほぼ回避できます。

「回避→振り向いて2回突き→もう一回回避→3連突き」

なんてのが決まると、もう脳汁垂れ流しって感じです。
ペッコの回転攻撃も、レイア・レウスの尻尾攻撃も、果てはディアの尻尾振りまでサイドステップで全部かわせちゃいます。
それも、回避性能スキルなしで、です。

ランスと言えば鉄壁のガードですが、一方で攻撃後の左右+後方へのステップによる回避もまた、ランスの魅力。MH3ではこの魅力が、私のようなへっぽこランサーでさえ、それなりに実感できるのですよ!
これはもう、ランスを使うしかないでしょう!!

他にもモンスターがぐぐっと体を引いた後に繰り出すタックル攻撃。これもタイミングと方向さえ間違わなければ、さくっと回避できてしまう。
ドスジャギィ辺りで練習し、回避性能+1が発動するペッコ装備を身にまとえば、なんとあのアグナコトルのタックルさえ、かわせてしまうのですよ!
これが決まった時なんて「あれ、私ってもしかして凄腕ランサーかしら?」とか思っちゃいます。
華麗なステップで攻撃を避け、ツンツンと刺す。いやはや、ランスは面白いです。


そして更にもう一つ。
残念ながらまだ習得していませんが、新たに加わったカウンター突きが凄い。ランスの立ち回りを劇的に変えかねない、凄い性能になっています。
というのもこのカウンター突き、3連突き直後に非常に素早く移行することが可能なんです。

その凄さを実感したのが、ベリオロスと戦った時のこと。
ベリオロスの頭に3連突きをお見舞いしたところ、そこでベリオロスがぐっとステップの構えに移行したのです。
位置的にどうステップを踏んでも、普通なら攻撃を食らうシーン。要は2回突くところを3回突いてしまったシーンです。
そこでカウンター突きを入れたところ……ありえない速さで溜めモーションに移行し、ベリオロスのステップをガキンとガード。
カウンター突き自体は空振りでしたが、ピンチの状況をノーダメージで切り抜けたのです。

こ、これは凄い……。

1ステップで危機を抜け出せない状況になった時に、咄嗟にカウンター突きに付随するガードで凌げたら、ランスの戦い方はより華麗になると思います。
攻撃後にステップかカウンター突き。これを上手く使いこなせれば、凄くカッコイイ・・・と思う。

現在、カウンター突きを頭の片隅に常に入れつつやっていますが、中々上手く行きません。ついつい、3突き後にはステップを踏んでしまう。これはもう、クセみたいなもの。
でも時々、3突き→カウンター、と決めれる時がありまして。そんな時はやっぱり脳汁が迸ります。


回避しやすくなったステップ、そしてカウンター突き。
派手さはありませんが、ランス、本当に面白い。
まだランスを触っていない方がいましたら、是非とも試して欲しいところです。
posted by みやび at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

ガンスっぽいランス

ただし、使いどころがイマイチない……。
だってサ、ランスと言えば麻痺ランス、という刷り込みがあるし、凄い苦労して作ったチャク・ムルカ改だから。ついつい、そっちを担いじゃうんですよね。
それにPT戦だとやはり麻痺の効果は非常に高いわけで。
多少の属性ダメージなんて、麻痺に比べれば、ねぇ……。

と言うわけで、イベクエ限定火属性ランスの作成話、その2。
ちなみに日記は分けちゃってるけど、同じ日です。
最後まで書くと長いんだもの。


……え、無駄話が多い?
そんな、私のプレイ日記から無駄を省いたら、何も残らないですよ?


さて、ファミ通チケットが1枚ずつしかもらえないのでは、という疑惑を胸に挑んだ第2戦。
ふと気付けばガンナーさんが近接武器に変わっていた。まぁディアが寝ている時間が短い上に、起きたら速攻で攻撃してくるのなら、近接で一気に削った方が早いかもしれません。
で、今度は1落ちで成功し、ようやく2枚目ゲット……と思いきや。


なんかチケットアイコンが2枚あるよーな……?


なんと、一気に2枚GETです。と言うことは、1枚が確定報酬で、後は抽選次第なのだろうか。これなら5枚、もしくは11枚集めるのも何とかなりそうです。

み「2枚出たー!」
N「1枚ー」
S「1枚ー」
E「出なかったんだけど……」

か、確定報酬すらないのかっ!?
完全なる抽選のようで、今回は私に2枚出た代わりに、1枚も出なかった人が発生。
恐ろしい……アレだけカオスな戦いで、1枚もGETできない辛さはいかほどのものか。


E「取ったな〜! 返せ〜!」
み「残念、レア度5だから渡せませんw」


まぁ、それでも一度に複数枚もらえる可能性はあるわけだし、随分気が楽になりました。
と言うわけで3戦目。どうもこれまでの2戦で気付いた点が一つ。

ごろごろ転がるウラガンキンよりも、潜りと突進しかしないディアを、音爆と閃光で足止めし、先に倒した方が楽なのではないか。

と言うわけで、3戦目は基本的にディアを先に攻撃。罠や音爆、閃光を使って素早く削り、捕獲に成功。
残るウラガンキンを討伐します。
結果的には……どっちが先でもあまり変わらないかな、と。結局3戦目も1落ちが計上されましたし。

で、報酬画面。
おそろしいクチで発揮した、報酬運のなさが恐怖ですが、そこに並んだ報酬は。


上下2段に渡るアイコン群。
明らかにたくさんある青いチケットアイコン。

その数……実に5枚!!


みやび「なんか5枚出た・・・」
一同「ええぇぇぇ!?」


クチのあの苦労はなんだったのか。あっさりと合計8枚に到達したみやびさんは、一足先にファミ通ランスを作成することに成功したのでした。

「まぁ、ぼちぼち集めます」

そう呟いたのは、私に運でも吸い取られたのか、チケット運に見放された方。
ここで参加者が一気に増えて7人になったので、一旦ファミ通クエへの挑戦は終了となったのでした。


それにしても運とは見事にバランスが取れているものらしいです。
チケットはあと3枚欲しいところなのですが……果たして、この日のような強運が舞い込むかどうか。
神経磨り減る戦いなので、出来れば1〜2回で揃って欲しいな、と思うのでした。

posted by みやび at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

2009年08月22日

ガンス(見た目のみ)を目指して

時々入れ替わるイベントクエスト。
そんな中、ついに各方面とのコラボ武器が手に入るコラボイベントの一つ、ファミ通イベントが出ました。
これで作れる武器は火属性ランス。しかも見た目がガンスみたいでカッコイイ、という話ですので、これはもうゲットしなくては。

と言うわけで、その場に揃っていた4人。口を揃えて「行こう!」「チケット欲しい!」とばかりに受注。
私もようやく「おそろしいクチ」を手に入れ、麻痺ランスが1段階上がった直後。強くなった火力に物を言わせて、ブイブイ大型モンスターを狩りたかったところ。火属性と言うことは、何かね? レイアかね? レウスかね?


ディアブロス&ウラガンキン
     IN
    陸の闘技場



( ゚д゚)……。

(゚д゚)オマエハナニヲイッテイルンダ??


いやいやいや、ちょっと待って欲しい。ディアブロスなら分かる。ウラガンキンも分かる。
でも、その2匹同時はあり得ないでしょう!?
ちょっと考えただけでも分かるじゃないですか。

高速突進するディア、ガゴンガゴン地面を叩くウラガンキン。

これならまだ良いですよ、このパターンなら。想像するだけでも怖いけど、何とかなりそうな攻撃パターン。
でもね、最悪な組み合わせがあるじゃないですか。

潜行突き上げするディア、ごろごろ転がるウラガンキン。

カオス! 考えただけでカオス!
多分、逃げる方向とかタイミングとか考えず、ひたすらダッシュしてうろつくしか手がない。ダッシュ先で突き上げかローリングに遭遇したら、運が悪かったと嘆くしかない!

「いやぁ、ちょっと厳しいですよねぇ」
「いやいや、ちょっとじゃないと思う」

などと話しつつも。

「先に狙うのはどっちにします?」
「とりあえずディアは隅で眠らせよう」<ガンナー
「じゃ、まずはウラガンキンを」
「まぁ、なんとかなりますよ、きっと」

と、とりあえずそれっぽい作戦を立てて突撃。
PTは確か、ガンナー・ランス・ランス・大剣だったと思います。さすがにこのクエスト、ガードなしの近接武器で挑む気にはならない、ということでしょう。


さて、開幕。
まずは事前の打ち合わせ通りにウラガンキンへ攻撃。その間にガンナーがディアに睡眠弾を打ち込み、眠らせようとしますが。

眠らない!!

というか、ウラガンキンとわーわー戦ってるハンター三人が気になるのか、開幕直後から「混ぜてー」とばかりにいきなり突進して来たディアブロス。
うわーい、とばかりにかち上げ攻撃でハンターをすっ飛ばし、嬉しそうにぶるるん、と尻尾を振ってハンターを弾き飛ばす。

な、なんなの、この子!
無邪気に私達をなぶり殺す気!?


そんなディアの突進にムッとしたのか、ウラガンキンさんが「なんじゃワレェ!」とばかりに咆哮し、ガッツンガッツンと地面を顎で殴りまくり、ぐおーんと太い尻尾を振り回す。
揺れる大地によろめいたところを、尻尾でボグッとばかりに吹っ飛ばされるハンターその3。

な、なんなのこの人!
怖い顔して、性格も凶暴だよ!


ディアを追ってきたガンナーさんが見たのは、そんな感じで大型モンスター2匹がじゃれあい、足元に三者三様の状態で転がっているハンター三人の姿だったと思われる。
きっと「これは酷い」と呟いたことだろうが、吹っ飛ばされたハンターの方も「これは酷い」と呟いていた。

とりあえず立ち上がるや、ササーと一旦距離を取るハンター達。
「これ無理じゃね?」という冷静な声が聞こえるが、それで諦めないのがハンターのハンターたる所以。
再び突進を繰り出したディアが離れたのを見て、近接3人は「突撃ー!」とばかりにウラガンキンへ殺到し、ガンナーさんは罠を設置してディアを足止めしつつ、眠らせる作戦に出る。

コイツさえ倒してしまえば後は楽。攻撃を食らっても薬を飲めば良い。とにかく突け突け突け! とばかりにウラガンキンに攻撃しては、尻尾やローリング、顎打ちで吹っ飛ばされるハンター達。そんな中「ディア寝たから、離れて戦って!」というガンナーさんからの吉報が。
背中からの突進を気にしないで良くなれば、もうハンターのターンである。
うらうらうら、と突きをお見舞いしていると、画面がボワワーンと揺れるようなエフェクトに。
「?」と思いつつ、ウラガンキンを突き続ける。ウラガンキンの咆哮にしては、近距離にいたのにガードも何もしなかった。はて、なんだろう?
と、首を捻ったその瞬間。
答えは足元からやって来た!!

「たっだいま〜〜〜☆」
どべし〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆


とばかりに、ディアの突き上げを食らって吹っ飛ぶ。


ディア様、お帰りです。


み、短い。短いよ。睡眠時間、短いよぅ!!
一応2分くらいは寝ていたと思うのですが、2分なんてあっと言う間です。再び、ディアが走り、潜り、突き上げ、ウラガンキンが叩いて転がるカオスな状況へ突入。
そんな中。

『*****が力尽きました』

『*****が力尽きました』


ついに来た、失敗へのリーチ。
と言うか、怒り状態のディアと怒り状態のウラガンキンが、同時に潜って転がったら、闘技場に安全地帯なんて存在しないよなぁ。

そうこうしている内に、みやびさんもウラガンキンを突いているところにディアの突き上げを食らい、起き上がりをウラガンキンの尻尾に殴られて瀕死状態へ。
しかもピヨピヨと星が舞い、気絶状態へ突入。

や、ヤバイ……3落ち失敗か!?

ボタンを連打&レバーを回しつつ、視点を回す。
ウラガンキンは……大丈夫、他の人にタックルしてる。
ディアボロスは……こっちに向きを変えて……と、ととととと、突進の構え!?

間違いなく、ディアのターゲットは私。尻尾で弾き飛ばされた方向が良かったのか、距離はそれなりにあるものの、既にディアは突進の一歩目を踏み出していて。

あー……ダメかもしれない。ごめん、みんな……。

と、半ば覚悟し。ディアの角がぐんっと大きくなった瞬間。


ガキィィィン!!


(;゚д゚)……。

(;゚д゚)マ……マニアッタ……?。


ガードの上から削られて、更に瀕死になりながらも、ぎりぎりのところで盾を構えている我が分身の姿がそこに!
ボタンの乱打で気絶が解除された、というのを認識する前に、反射的にRとxとaを同時押し(武器出しガード)していた、奇跡的ガードでした。いやホント、解けた、と思うより早くガードしてたから。

とりあえず最大の危機を脱したものの、最後のガードで完全に体力は0付近。ディアとウラガンキンの攻撃は、ガードの上からでも削りダメージが発生するので、それを受けたらアウト。ガードも出来ない。
となれば、目の前にディアの尻尾がゆらゆら揺れていようと、選択肢は納刀しかない。敵の足元でランスを仕舞う、なんてことがあるとは。ディアの攻撃が納刀より先に来ないことを祈りつつ、納刀と同時に一気にダッシュ!
そこでディアの尻尾振りをダイブで回避!

いやぁ、咄嗟のガードから最後のダイブまで、たまにこういう奇跡的なプレーが出るんですよね。
急いで距離を取って回復薬を飲み、ホッと安堵の息を吐く。

その後間もなく、ウラガンキンが捕獲され、相手はディア一匹に。
こうなればもう、カオスな戦場を潜り抜けたハンター4人の敵ではなく、それほど間を置かずにディアは討伐されたのでした。


かくして2落ちにてファミ通クエのクリアに成功!
果たしてファミ通チケットはどれだけ手に入るのか!?

み「1枚〜」
E「1枚〜」
N「1枚〜」
S「1枚〜」


も、もしかして1枚ずつしか出ないのか!?


ランスに必要な枚数は、作成で5枚、強化で6枚。
とりあえず強化は上位だと思うので、当面は作成用の5枚である。
こ、これを……このカオスな戦いを、あと4回も!?


戦慄しつつ、全員揃ってテーブルに座って食事を行い。

「じゃ、もう一度行きますか」
「うい、行きましょう!」


ハンターってのは、実にへこたれない生き物なのである。

posted by みやび at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

2009年08月21日

そして三日目のこと

怒涛のギギネブラ☆マラソン連続更新!
どうした、とお思いですか? ふふふ、分かるでしょう? 分かりますでしょう?

ハンターがどんな時にハイテンションになるか!


ギギネブラの部位破壊報酬、おそろしいクチを求めてのマラソン、三日目。
本日もオンをすると狩り友二名がいたので早速捕捉。

「なんでも良いですよ〜」

という心優しいフレ達。今の私にその台詞は「ギギネブラ行きましょう」と同意ですよ?
と言うわけで、懲りずにギギネブラをリクエストし、クチを求め始めてから20回目のギギ討伐に出発。
それ以前にもクチは意識せずにクエをこなしていたので、多分通算で25回くらいだろうか。

「今回出なかったら20連敗」
「出現率10%だとすると、9割方出るハズなんですよ〜」
「本当にあるか疑わしいですよね〜」

などと、饒舌になるのはかなり絶望を感じているからだ。


そして、3人PTだったもののさくっと討伐に成功。
驚いたことに回復薬を飲まなかったよ。応急薬だけで済んだ。まぁこんだけ連戦していれば、そりゃ慣れてきますよね。

S「で、出ました?」
み「20連敗〜〜〜」
S「・・・・・・」
N「21戦目、行きますか・・・」

ま、慣れてきたものの、やっぱり出ないんですけどね。
フレ達に同情の目で見守られつつ、ついに21戦目に突入。どんだけ出ないんだろう、って話ですよ。

そして21戦目もあっさりクリアして。
報酬画面が表示された時・・・まさに、心臓がドクン、と脈打った。


なんか、いつもと違うアイコンがある・・・。


ブヨブヨの皮、不気味な皮、などなど。
破壊報酬のところに出てくるアイコンは、もう見慣れたアイコンだらけだった。
しかし今回、そこにあったのは、赤い色をした、いわゆる「ヒレ」などにあてがわれることの多いアイコン。

も、もしかして・・・?

敢えてそのアイコン以外の素材から、BOXに放り込み、震えそうになる指を駆使して、そのアイコンにカーソルを持っていく。

これで違ったら・・・もう、心が挫ける・・・。

生か死か。
光り輝くカーソルが、そのアイコンに重なった瞬間、それは表示されたのです。


おそろしいクチ 1個


・・・・・・。
・・・・・・・・・き・・・・・・


きたーーーーーー!!!


ついに・・・ついに! 苦節21戦目!
おそろしいクチがついに出たのです! ひゃほーい!!


街に戻れば、クエをしている間にやって来ていた、他のフレの姿もありまして。

「どうでした?」

そんな問いに、満面の笑みでカタタッとキーボードを叩いたのでした。


『ついに出ました!』


21戦。
付き合ってくださったフレに感謝。
そして。

これからよろしく、チャク・ムルカ改!


ギギネブラマラソン・完



というか、いつもの方も含め、みんなやっぱりクチには苦労しているのですね・・・。
posted by みやび at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | モンハン3

クチの癖に逆鱗並なのか?

ギギ専用装備を作成し、村でのギギ部位破壊も可能になったみやびさんですが、やはり村でギギの相手をするのは結構厳しい。部位破壊も倒す直前に達成、だったしね。
なので、専用装備を見せる意味も込めて、街へ繰り出し狩り友と合流。
既に私がおそろしいクチを求めてギギ三昧なことは、狩り友の中でもしっかり認識されていまして(そりゃ、9連戦もリクエストすればねぇ)、合流するなり「じゃ、ギギ行きましょうか」と。
いつもいつもすいませんねぇ……。
高難度クエとかが出ている場合は、そっちにチャレンジしたいだろうし、一応「途中、やりたいのがあったらそっちでも良いです」と告げて、ギギマラソン開始。


早速2戦目で前回クチが出たフレに、再びクチが出る。


ぐ……欲しいところには出ないんだよなぁ、ホントに。
とりあえず喜ぶフレのところにちょこちょこと移動して、シャドーアクション。くのくのっ!
そんな挑発に対し、ステップで応えられる。ちょっと笑った。和んだ。

で、途中でメンバーが増えて入れ替えたりしつつ、村クエの2回を含めてついに19回目のギギ討伐を終え、クチマラソン二日目の挑戦は終了。


クチ?

聞くまでもなかろう!!


既にHR22から開始したギギマラソンも、HR26まで来てしまった。なのに他の☆3クエはほとんどやっていなかったりする。
ブヨブヨした皮は問答無用に売り払っているので、お金は貯まるのだけども。このままでは再び、HR30までギギ一色に染まってしまった状態でHRPの上限が発生、なのに全くキークエを消化していないために周囲に泣きつく、という展開に陥りそうである。

ちなみに次の20回目までにクチを入手できる確率は、
 出現率10%の場合→約88%
 出現率5%の場合 →約64%
こんな感じである。逆鱗なみの確率なのであろか、クチの出現率。
だったらこう、もっと逆鱗みたいに「なんか凄い気がする!」ってなる素材名にして欲しかった。なんだよ、おそろしいクチって。名前だけ見たら頭破壊でいかにも出そうな名前のくせに。
posted by みやび at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

ギギネブラを舐っちゃうヨ?

『舐る』と書いて『ねぶる』と読むのだ。
タイトルの小粋な駄洒落をすんなり読めた人はアレだ。普段『舐る』なんて単語をどこで見たり聞いたりしているのか、小一時間ほど問い詰めたい。

で、ギギネブラです。
前回、貴重な部位破壊素材であるおそろしいクチを求め、一日に9連戦をこなし、結局出なかったわけですが。
あの薄気味悪いあんちくしょうとの戦いはクチが出るまで終わらないのです。


9連戦を終えた翌日。
「もしかしたら村でソロなら出るんじゃないかしら?」と思い立ったみやびさんは、とりあえず村のギギネブラ討伐へ出発。
いつものエリア5で遭遇し、攻撃を食らっては回復薬と解毒剤をごきゅごきゅ。
そして、思い出す。

「そうだ、ギギって強かったんだ」

PT戦ではそれなりにスムーズに倒せていたので忘れていましたが、ギギは苦手な相手だったのです。
と言っても、PT戦では他人任せに逃げ回っている、というわけではない。はず。
ギギはソロになると、(私にとっては)一気に難易度が高くなる相手だったのです。

これは正直珍しい。
通常、体力や攻撃力を別として立ち回りだけを見れば、やはりソロよりPT戦の方がターゲットが分散し、予想外の動きをされることで難しくなるのですが、ギギの場合は違う。ソロだと攻撃を受ける頻度も、回復薬を飲む量も桁違いに増えてしまうのだ。

原因の第一はといえば、なんと言っても地形である。そう、あの暗いエリア5の効果だ。
PT戦なら慣れた人がどんどん火を点けてくれるし、自分が点けるにしてももう一人火付け係がいるので、単純に倍速で明るくなる。
ギギの攻撃に対してガードして、たいまつが消えてしまっても、もう一人のたいまつが明るく照らしてくれている。
これがソロだと、ギギの攻撃をかわしつつ、分かりにくい点火ポイントを求めて、エリアを一周しないといけない。全部に点けないと暗くて立ち回りに支障が出るから、これはもう仕方ない。そしてその間に、大体応急薬は消費されてしまう。

第二にギギの壁&天井張り付きである。
これの何が厄介かと言えば「麻痺値の減衰」だ。張り付かれるとランスでは手出しが出来ない。ひたすら待つしかないのである。
PT戦であれば麻痺武器が二人いれば蓄積値も二倍だし、ガンナーがいれば張り付き時にも蓄積しちゃったりすることも出来る。
でもソロでは減衰するのを歯噛みして見るしかないのだ。
結果、討伐までに麻痺0回とかも普通にあるから困る。
「張り付き→飛び降り→近付くと張り付き」を何度も繰り返された時は、コントローラーを投げ捨ててやろうかと思った。


と、話が逸れましたが。
ギギの強さを再認識し、回復薬はともかく解毒剤が底を尽きかけたので、瀕死になったギギを捕獲することに。
うーん、いかん。部位破壊が出来なかった。
村の体力だと捕獲では部位破壊は難しいようです。どっちが頭でどっちが尻尾か分からなくなるし、ピンポイントで頭や腹を狙うと、直後の突進を絶対によけれず攻撃を食らってしまうため、他部位への攻撃(麻痺値稼ぎのため)も増えるし。
せめて討伐まで引っ張らないと、部位破壊は難しい。だがしかし、ギギ相手では瀕死時の最後の抵抗が激しすぎて困る。
何が困るって、瀕死時の抵抗や怒り時になると、毒ガス倒れこみの頻度が増すのが困るのだ。なにせこの攻撃、鉄壁を誇るランスのガードが効かないのである。
多分、ガード性能かガード強化が必要なのでしょう。とにかく咄嗟にガードするも、毒ガス倒れこみだとあっさり吹っ飛ばされてしまう(通常倒れこみはガード可能なのに)。
では、とバックステップで下がっても、1ステップではガスの範囲外に出られずに、結局吹っ飛ばされてしまう。
こうなるともうダメだ。
運が良ければそのまま立ち上がって「回復薬+解毒剤」を飲んで復帰できるけど、そこはソロの恐ろしさパート3。ほぼ確実に立ち上がりに合わせてジャンプがやってくるのだ。
これを食らうと下手すれば気絶。運良く生き残っても、解毒剤+回復薬2個は飲まないといけない。お財布にも痛いし、道具が尽きて仕方なく捕獲、になりやすい。
(ちなみに回復薬、と言ってるのは全部グレートです)

このままではダメだ。特に毒ガス倒れこみを受けた後に「解毒剤+回復薬」と2回もアイテムを使用する必要があるのが厳しい。
そう判断したみやびさんは、ついに決断しました。
そう・・・


ギギネブラ戦専用装備!!


どうせクチが出るまで、長い長〜い戦いが、ここから先も待っているのだろうし。
クチが出ないお蔭で、クチ以外のネブラ素材がアホみたいに溜まってきているし。
ならば、とばかりに作成しましたよ!
ギギネブラの素材を駆使して作成(頭除く)した、新装備!
発動スキルは「毒無効/特殊攻撃強化/体術+2/オートガード」という豪華さ。
しかも防御力までペッコから上がってるという完璧布陣。


ギギ専用装備を上鎧玉まで強化して、再度ソロで挑戦。
おぉう、毒を受けても毒にならないのはありがたいですな。非常に楽です。アイテム使用回数が半減すると、こうも違うのか。

結局、専用装備が効いたのか、2回ほど討伐して2回とも部位破壊に成功!


そしてクチは・・・・・・出ませんでした。


装備を作ったら即出て「なんだよー」と言う展開を期待していたのですが。
もっと心の底からの「なんだよー」を呟くハメになりましたとさ。


つづく
posted by みやび at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

2009年08月19日

最強の敵?

ランサーにとって、麻痺ランスとは一種特別なジャンルだと私は思うのです。
これはP2GにおけるG級麻痺ランス「ダークネス」が、作成が容易でありながら「これ一本で全クエがクリア可能」とまで言われたほどの火力を誇ったことにも起因すると思うのですが、確かに麻痺とランスは非常に相性が良いのです。
ランスはそこそこの手数が出る武器ですし、一番の利点はやはり「狙った部位へのピンポイント攻撃」です。これが相手が麻痺状態だと非常に狙いやすい。麻痺らせて弱点か破壊部位への連続攻撃。これこそがランスの真骨頂と言えるでしょう。

というわけで、3でも早速麻痺ランスを作って使っていたみやびさんなのですが、チャク・ムルカから強化できるチャク・ムルカ改もまた、非常に魅力的な性能です。
ぐぐっと伸びた緑ゲージ。攻撃力も増え、何より麻痺値が120→180と1.5倍です。
これは欲しい。すんごく欲しい。

このチャク・ムルカ改が作れるのは街なら☆3から。
もちろん、みやびさんも☆3に上がるや「チャク・ムルカ改が欲しいんじゃー! 素材集めに協力してくれー!」とフレに泣き付き、チャク・ムルカ改の作成を目指しました。

チャク・ムルカ改に必要な素材の内、麻痺袋*3と氷牙竜の棘*1はすぐに集まった。氷牙竜の棘なんて最初のクエで出た。
凄い順調・・・そう思っていた時期がありました。

残る素材・・・それがおそろしいクチ

なんというか、素材名からしてギギネブラ臭がプンプンします。wikiで調べたら、案の定ギギネブラ素材。
それも頭と腹の同時破壊報酬のみでもらえる素材です。

あのギギネブラの素材の上。
しかも部位破壊報酬のみ?

物凄く嫌な予感がします。ええ、そうです。
モンハンにおける最強にして最大の強敵。ハンターの天敵であり、未だに誰一人として勝利を収めた者はいないという、最強無二のあの強敵が現れる予感。


その名も物欲センサー


ただでさえソロでは部位破壊なんてとても狙えそうにない相手。
しかもみやびさんはPT戦になると素材運が非常に悪くなるという性質を持つハンターです。
どうでしょう。もう悪い予感しかしません。


かくして。
ギギネブラ&物欲センサーという、宇宙最強タッグとの戦いの日々は、幕を開けたのでした。


まずは村クエでギギネブラ狩猟を受注。
どうにか部位破壊をこなすも、回復薬と解毒剤をがぶ飲みし、非常に痛い出費を重ねる。


で、もちろんおそろしいクチは出ない。


予想通りとばかりに、街へ繰り出してフレを捕獲。
「おそろしいクチが欲しいんです」と頼みこみ、ギギネブラの連戦を開始。
これがペッコとかの連戦だったら、問題はないんです。ペッコなら支給品だけで倒せますから。
しかし、相手はかつてみやびさんの胸に深いトラウマを刻み込んだギギネブラ。
食われることこそなくなったものの、とにかくダメージと毒攻撃を受けまくり、お腹がたぷたぷになるほどに回復薬と解毒剤を飲みつつの連戦です。
もし回復薬と解毒剤が0カロリーじゃなかったら、確実にメタボ体型になっていた、と断言できるほどの飲みっぷり。みるみるなくなっていく回復薬Gと解毒剤。

しかし、一向に出ないおそろしいクチ。

恐ろしい・・・マジで恐ろしいよ、この素材。
まるで逆鱗集めを彷彿とさせる出難さだよ、ママン・・・。


かくして、1日で9回もギギネブラ(高難度クエ2回を含む)を倒した結果!!


見事に出ませんでした!!


・・・orz


ギギネブラと物欲センサーの最強タッグとの仁義なき戦いは、まだまだ続きそうです。
posted by みやび at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

2009年08月18日

ラギアクルスとの決着!

さて、めでたく街にてラギアを倒すと言う緊急クエをクリアしたみやびさん。
となれば、やっておかなくてはいけないことがある!!


村緊急クエスト『ラギアクルスを仕留めろ!』


そうです、宿敵(?)ラギアクルスとの1対1のガチンコ勝負。チャチャがいるので2対1とカウントするべきなのかもしれませんが、そこはほら、盛り上がり的にも戦力的にも、一応1対1としておこう。
街の緊急で水中ラギアの恐ろしさは理解しました。陸上では使わない2種類の放電攻撃。地上であれば足元に接近し、突き上げをしていれば良かった接近攻撃の雄・ランスとしては、非常に厄介な水中限定の攻撃方法。

だがしかし、いつまでも逃げてはいられない!
何故なら、私はハンターだからだ!(ドンッ)

と、ワンピースなら確実にドンッの文字が躍るような決意を込めて、ついにラギアを仕留めろというクエストに挑戦。
いやいや、あ〜た。仕留めろとか簡単に言わんでくださいよ。


まずは持ち物に、雷静の実と回復薬Gの調合セットを準備。
弾かれると即死亡が見えてくる相手なので、見極めではなく砥石高速化を発動。緑ゲージが切れたら即研ぐことにする。
とにかくガードを解くか、立ち止まってしまったらアウトの可能性が高い。水中は向こうのテリトリー。こちらの方が言うように、回復薬を悠長に飲んでいると、チャンスとばかりに攻撃してきます。
となれば、取る戦術はこれしかない!

ガードを崩さない!

エリチェンして回復する!

エリチェンして研ぐ!

突進でエリチェンする!



名付けて、ハイパー・チキン戦法!

いやしかし、怖い相手にはエリチェンして回復。
エリチェンして緑ゲージ維持。
これがやはり基本だと思うのです。幸い、PT戦と違って、誰もこのチキンっぷりを見ていませんからね。


というわけで、堅くガードを固めつつ開戦。とりあえず部位破壊とか考えられないので、近くに来たらとにかく突く! 突いたらステップで離れる!
バックステップ3連続で、少なくとも体表放電の範囲外に出れるのは、非常にありがたい。
それでも遠距離放電を受けたり、怒り状態の突進で削られたり、捻り攻撃でガード方向失敗したり、地味にいやらしい前足振り攻撃を食らったり。徐々に削られていく回復薬Gのストック。
しかし調合分も持ち込んだみやびさんは、エリチェンしては回復、調合して補充を繰り返す。
ラギアから見たら「せっかく攻撃したのにすぐ逃げる! しかも全快して戻ってくる! 酷い!」と言いたくなる相手だったでしょう。ええ。

もしモンスターが同じ行動したら、間違いなくキレるね、私。

そんないやらしい攻撃を繰り返し、ついにラギアは陸上へ。
チャンス到来とばかりに、落とし穴にハメて頭を攻撃。ここでたまらずラギアさんは再び海へ。

陸揚げ→水中→エリチェン、とくれば・・・これはそう、間違いなく捕獲フラグ! 勝利フラグ!!

念のため回復&研ぎをしてから後を追えば、間違いなく最深部の巣に向かっているラギアさん。
いいね、いいね。これで最初の大きな壁、ラギアクルスもクリアですよ!



・・・簡単すぎね?



いえね、確かにラギアさんは強いです。十分怖いし、思わずチキン戦法を取ってしまうくらい、脅威です。
だがしかし、P2Gの時のティガ。あの時感じた絶望感が、今回のラギアクルスには感じなかった。
結局、初回でなんとかクリア出来そうだし。
何度も倒され、試行錯誤を繰り返したティガの時のような。そんな展開にはならなかったのが、ちょっと寂しい。
だが、それも仕方ないのかもしれない。
あの時はモンハン自体が初挑戦で、何も分からない状態だったわけで。翻るに、今回はランスの基本動作・戦術を理解し、アイテムの使い方を理解した状態でのスタート。
そりゃ、あの時ほどには苦戦はしないよね。一応、ランスはモンスターハンタークエストもクリアしている程度には、慣れているわけだし。

ラギアの足元に罠を設置。
捕獲玉にカーソルをあわせ、いまだ切れていない尻尾へ攻撃。
あんぎゃー、と叫び拘束されるラギアに向けて、みやびさんは達成感と僅かな寂寥感など感じつつ、捕獲玉を投擲・・・


ぶい〜ん、と飛んできた虫に当たる


ちょおあああぁぁぁ!!

ば、バカ、バカやってんじゃない!! 拘束時間は短いってのになんばしよっとね!!
てか、捕獲玉5個しか持ってきてないのに、2個ともガードすんな虫! のけ! のけ! のおおおぉぉぉぉぉぉ!!!!


寂寥感とか、達成感とか。
慌てて虫を迂回し、ガチガチガチとボタンを連打するその姿からは、あまり感じられなかったわけで。


なんだよ、もう。
最後くらいこう、綺麗に終わらせてくれたっていいじゃないか。
虫のバカチンが!!



かくして、ついに村のラギアクルスをクリアしたものの。
まだ地震は続き、なにやら更なる大物が待ち受けている予感!
というか、まぁ、知ってたけども(ぉ
さすがにこのご時世、情報ゼロってのは難しい。

ともあれ。


ラギアクルス、とったどーーー!!
posted by みやび at 00:30| Comment(1) | TrackBack(0) | モンハン3

2009年08月17日

イノキ・ぼんばイェイ!

体力の限界を感じつつも、ピッケル片手に突き進む火山フィールド。
うーん、凄い。凄い迫力。
P2Gの火山は確かに火山ではありましたが、溶岩のギラギラっぷりとか、火口付近の鳴動っぷりとか、ぶしゅーと吹き上がる熱気とか、とにかく迫力が凄い。火を噴く山の背景とか。もう、すんごいワクワクする。
そんな光景に身震いしつつ、今回はピッケルでの採掘が主眼。こきんこきんと掘り、ドラグライト鉱石などをゲット。

おおー、ついにドラグライト鉱石が出たかー。

マカライト鉱石、ドラグライト鉱石。一歩ずつ進んでいることを実感するのは、意外と取れる鉱石の種類だったりします。
ついでに紅蓮石もゲット。紅蓮石と聞くと心躍ります。

で、採掘も終わったので、他の人の終了を待つ間、大型モンスターの顔を見に行くことに。既に採掘が終わってた人と合流すると。

噂のイノキが出たー!!

とことん正式名称を覚えません。えーと、ウラガンキンです、ウラガンキン。ガンキンキン♪(←こうして正式名称を忘れる)

で、ウランちゃんを遠目に確認していたところ、いきなりぐるんと丸まって、こちらにごろごろ転がって来た。
うわーお、なんじゃこりゃ!
距離があったのでダッシュしてかわしつつ、ド派手な突進攻撃に戦慄する。いずれはあんな常識ハズレの攻撃繰り出す奴と戦わなくてはいけないとは。怖い怖い。
んじゃ、そんなわけでこれにて逃亡・・・


ぺち


ダッシュした背中から轢かれたーーーー!!
うおーい、待てい! あんた、あんだけ勢い良く転がっておきながら、方向転換までするのかよぅ!!

一気に削れる体力、溶岩地帯(いるだけでダメージ受ける)に転がるみやびさん。
ま、待ってー! 今落ちたら、猫飯効果が消えちゃうの! 体力が下がったら、火薬岩運べないの!!

ひえええ、と慄くみやびさんの眼前で、転がるのを止めるウランちゃん。のっしのっしとその場で攻撃の予備動作を開始します。
えーとえーと、これはあれか。
立ち上がったところへの尻尾振りコンボフラグか!!


せ、先生! この人、採掘に来た日和見ハンターを殺す気満々なんですけどっ! けどっ!!


とりあえず起き上がりに足元へ回転→蹴られてこける。
これで体力が更に削れたものの、転んでいる間は無敵時間。ぶいんと頭上を過ぎる尻尾に安堵。ごろごろ転がる大きな岩(後に爆発する岩と判明)の存在が怖かったので、それを避けつつダッシュ!
そこに告げられる無情のメッセージ!

『耐熱効果が消えました』←みたいなメッセージ

おうふ! これぞ四面楚歌、絶体絶命!
クーラー飲む間もなく、回復薬飲む間もなく、ひたすらエリア移動するべくダッシュを開始!
はっはっは。他のエリアで採掘や時間つぶしをしているみんなは、気付いてないんだろうな、私が今、死にかけているだなんて!
ここで「MIYABIは力尽きました」とか出たら、みんなびっくりするんだろうなぁ。あははー・・・。

最悪の事態が頭を過ぎりましたが、ギリギリでエリア移動に成功。
急いで回復薬を飲み、クーラーをごっくん。ふぃ〜、危ない危ない。


その後はおとなしく、ウランちゃんを避けながら火薬岩を運んでクエストクリア。
いやはや、まさか採掘メインの岩運びで、命の危機を感じるとは思わなかった。もうホント、油断できないなぁ、モンハン3。


これで鉱石もゲットし、色々な武器が作成可能に。なったのだけど。
うーん、お金がない。とにかくお金がない。
しかも加えて回復薬素材もない。ハチミツが残り1個とか。
「これはしばらく素材集めかな〜」などと言いつつ、この日はこれにて解散。
まぁ、しばらく素材集めとか言いつつ、きっと明日もみんなオンするんだろうな、とか、思いましたけども。


実際、次の日もみんな集まったしネ。どんだけだよっていう。
posted by みやび at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

☆3に挑戦!

やべぇな、狩りの時間とプレイ日記書く時間に、あまりにも乖離がありすぎて、どんどんプレイ日記が遅れていく事態に。
なに? 細かくプレイ日記書きすぎ、だとぅ!?
ダイジェストで十分じゃないか、だとぅ!?
そうかもしれん。そうかもしれんのだが・・・だがしかし! どのクエもそれなりに書きたいにゃ〜と思えてしまうのだから仕方ないじゃないか!!

というわけで、3回目となる某イベント後の狩り日記。
これはアレだ。みんな既に体力が尽きかけていて、言ってみれば火事場+2が発動している状態なものだから、狩りもパワフルになっているのですよ。

☆3では新たなモンスターが登場。
えーと、名前は・・・ベリオロス・・・うん、ナルガもどきで良いや、もう!(えー!)
というか、フルフルもどきとか、ナルガもどきとか。いつもそう呼んでいるから、中々正式な名前を覚えられないんだよね。
今回、ほとんどまともにモンスター名を呼んでないもの。

で、ベリオロス。動きはとにかくナルガです。ぐっと構えてのケルビステップがメイン。時々空中に浮いたりするのが、ナルガっぽくないし、尻尾ビターンみたいな一撃必殺の攻撃はないけども。
でまぁ、不規則なステップに翻弄されつつも、薬をがぶ飲みしてどうにか勝利! うむ、数の暴力(1vs4)って素敵!


というわけで☆3に上がり、☆3らしいクエもクリアして、大いに満足。満足満足。


「じゃ、次は火薬石運搬しつつ採掘しまくりましょう!」
「おー、行こう行こう!!」


・・・どんだけ元気なんだろうネ。いやホント。
posted by みやび at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

らぎゃーらぎゃー

さて、キークエが全く消化されておらず、某イベントで体力が赤ゲージMAXな友人を道連れに、迷走しまくりのMIYABIさん。
「これで後はもう、レイア姉さんしかなくね?」みたいな予想で、レイアの狩猟を受注。

これで! これでようやく緊急クエが出たーーーー!!

この時点で一足先に出ていたSky氏と私の緊急クエ連戦が確定。
連続になってしまいますが、HRPキャップでポイントが消えまくっている(多分3〜4000は消えた)私の方の緊急を先にお願いすることに。

さぁ、ラギアですよ!
村クエでは(この時点では)撃退のみで、水中戦をやったことのないラギアです!

怖い。非常に怖い。
だがしかし、こちらには既に☆3へ到達した心強い仲間が二人いる! Sky氏もその時に参戦していたとのことなので、ラギアを討伐した仲間が3人です! 凄い! 世界すら手に入れられそうな超戦力ですよ!


てか、私だけか、ラギア倒せてないの。


そこはかとなく「ダメ狩人」の烙印を背負いつつ、緊急のラギアに挑戦。やはり今回は水中戦がメイン。
ランスの場合はガードできるものの、抜刀状態ではいかんせん足が遅い。水中突進による高速移動も、PT戦では仲間を轢く可能性が高いので使いにくい。
トロトロ動きつつ、チャンス時にちくちく。
ちくちくちくちく。
ん? なんか背中が光って、力を溜めている感じが……?

ばりりりり!!

いきなりの放電攻撃に水中をコロコロ転がるMIYABIさん。
えー、何この攻撃。初めて見たんだけども。
ていうか、水中で放電って、普通は周囲一帯地獄絵図だよね。
その点はまぁ、加減してくれたのか、効果範囲はそれほど広くないらしく。なんかパリパリしながらも引き続き攻撃。
そして再び放電攻撃! 今度はバックステップで距離を取り、念のためガード! ふはは、同じ攻撃は二度も通用せぬわ!!

ばりり!!
ばりりりり!!
ばりりりりりり!!←どんどん範囲が広くなる
バチコーーーーーン!←ガードしてたのに食らった

えー・・・なに今の?
最初に見た放電は体の回りだけだったのに、今度の放電はなんか、周囲に線香花火みたいにばりりん、と放電が飛んでいるんですけども。
で、ガードした背後で炸裂して、さくっと食らったんですけど。

そうかー。放電には二種類あるのかー。

さすがラギア、一筋縄ではいきません。
「やるな、我がライバル!」などと言いつつ、尻尾を巻いて隣のエリアへ向かって水中突進!(逃亡)
回復をして、再度戦いに赴く・・・も。

PTメンバーが計3落ちしてクエスト失敗・・・。

つえー、ラギアつえー!
一応私は落ちませんでしたが、まぁそれはランスのチキン作戦が功を奏しただけで。落ちちゃったのは、攻撃重視の大剣使いさんやガンナーさんなど。
まぁ、そうだよね。ガードできなきゃ私も5回か6回は落ちてるもん、絶対!

「陸揚げしないと難しいねー」
などと話しつつ、再チャレンジ。スタミナを削れるハンマーがいないと、陸揚げが難しいのがネックだ。
しかしハンマーはガードがないので使いにくいし、尻尾も切れないのであまり使い手がいない、と思う。
「あと、頭と尻尾が破壊しにくい」
・・・いや、みんな。私、破壊とか狙う余裕ないんですけども。
特に頭なんて、危険地帯じゃない。

とりあえず「尻尾と頭破壊したいね」と言っているみんなの意見を意図的に聞かなかったことにして(ぉ)横からチクチクを繰り返す。
結果、どうにかラギアの捕獲に成功! やったー! ついに☆3へステップアップだ!


ちなみにその後、もう一人の緊急クエでラギアをやりましたが、陸揚げしたところで落とし穴連発→頭攻撃、で、穴2個+麻痺1回に成功し、頭の破壊も尻尾切断も出来ました。
ほほう、なるほど。
落とし穴とか使えば、頭の破壊も可能なのですね。
中々破壊できない、という方は、罠を活用すると良いようですよ。
posted by みやび at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

2009年08月16日

間が空いたけど

狩りは毎日のようにやってます。
狩りをしていてプレイ日記を書く時間がないんです!
というわけで、プレイ日記は若干タイムラグを生みつつ展開。

前回のPT戦でHRPがリミットかかった状態になりましたが。
その翌日、私がオンできなかった間に、フレ達はしっかり狩りを進めていまして。

「昨日は☆2をクリアしてみんなでラギアクリアしました」

とか! とか!
うええぇぇぇん、置いていかないでよぉ〜!


というわけで、その日は某イベントに出てくたくた&飲んでいたにも関わらず、オンへ。
相変わらず揃っている狩人たち。みんなやり過ぎだぜ。たまには休まないとダメだよ?(俺もだ)
一同、緊急をクリアしていたり、☆2クエは全部クリアマークついたりしていたので、お願いしてキークエを消化させてもらうことに。
と言っても、どれがキークエかは分からない。wikiを見る限り、なんかの虫の生態を調べると言うクエがキーっぽい。
早速受注して、四人がかりで速攻でクリア。
さぁ、これで私にも緊急クエが!!


出ない!!


えぇ〜〜〜〜〜。wikiの嘘吐き。
仕方なく他の攻略サイトを見る。ふむふむ。

草食竜暴走のクエもキークエなのか!!

今度こそ、これで大丈夫と思いつつ、再びフレにお願いして受注。
申し訳ない、雑魚狩りクエで申し訳ない!
こちらも四人でやればあっという間。
大型ばかり回してたらダメだね、キークエが残っちゃう。
反省反省、と呟きつつ、受付のお嬢さんに挨拶。
さぁさぁ、ラギアの緊急クエストをおくれ。このMIYABIちゃん様が華麗に討伐して差し上げてよ?




やっぱ出てねぇ!!



攻略wikiのバカーーーー!
@wikiの役立たずーーーー!

うわああああああああああん!!!


PS
大型モンスを狩るのは楽しいけども。
小型狩猟や採取クエもやらなきゃダメだぞ☆
posted by みやび at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

2009年08月13日

前門の虎、後門の狼

今日は色々と忙しい最中、軽く村クエを1クエプレイ。
残っている☆4がレイアとギギネブラ(フルフルもどき)の狩猟。まぁ狩猟をクリアしたら捕獲が出るとは思いますが、この2つのみです。ふむふむ。

フルフルもどきは顔もみたくない(気持ち悪いしトラウマだし)ので迷わずレイア姉さんを選択する。
P2Gからのお付き合い。P2Gではクック先生で武器の基本を学び、レイア姉さんに優しく飛竜の倒し方をご教授いただいたものだ。
クック先生が教官とするならば、レイア姉さんは女教師。サマーソルトでぶるんと弧を描く尻尾がセクシーで、切らずにはいられない、みたいな。切るのかよ。


そんな僕らの青春、レイア姉さんは今回も優しく飛竜の生態をご教授くださった。言い換えればまぁ、そんなに苦労せずに倒せた。
基本は突進、サマソ、バックステップしてからのブレス。ホバリングしながらの下降攻撃と言ったところ。
一応捕獲することもあるそうだが、それは見れず。
最後のホバリングが新モーションで、水平突きが当たらないので厄介。上突きでチクチクしつつ、下りるのを待つ感じ。
他は概ね、P2Gと変わらない動作ですが、若干面倒になったのがブレス時の素早いバックステップ。
頭を突いていると、かつてはブレス動作時に横ステップだけでOKだったのですが、ブレス前に距離を取られるので、横移動だけではダメ。横移動してガードまで必要。
大体注意するのはそのくらいで、後は突進してくるレイアをガイン、ガイン、ガイン、ごがっとガードしつつ攻撃の隙を探る。最後に食らった感じの効果音ですが、まぁ、時々ミスるのはご愛嬌。

ランスの場合、回避+1があればステップで尻尾を回避できるので、尻尾回転に入ったらレイアに背中を向けて準備し、ステップでかわしつつ距離を詰める。そのまま3回上突きを入れ、尻尾の2周目を横ステップで回避し、更に3回攻撃。こんな風にステップ回避ができれば、随分と楽に倒せるようです。

レイアの尻尾回避で確信しましたが、今回、当たり判定がかなり見た目通りになったためか、ステップ回避が非常にやりやすいです。
現在の装備は回避+1がついているのですが、これでもかなりの攻撃がステップの無敵時間で回避できてしまう。

・ドスバギィ&ドスジャギィ
 尻尾振り、体当たり(頭か尻尾方向へステップ)
・ボルボロス
 尻尾回転、捻りながらの噛み付き?
・レイア
 尻尾回転、噛み付き

少なくともこの辺は、適当にやっても結構かわせる。
ペッコやポンデはあまり試してないというか、ひたすらザクザク切るだけなので、ステップ回避を意識しないので不明。
提灯鮟鱇はあまりステップ回避できそうな攻撃が思いつかないかな。尻尾振りは回避できたけども。
いずれにせよ、回避の性能が高いようなので、恐らくそろそろ「裸ランスでノーダメージ討伐動画」とか出てくると思う。


さて、レイアを倒したことでついに出ました、次なる緊急クエ!
「ラギアクルスを仕留めろ!」です。
前回、あっさり撃退したラギアの狩猟クエ。今度こそ間違いなく水中での最終決戦です。
P2Gでのティガのように、巨大なる壁として立ち塞がるのか。
正直、怖いからしばらく放置したいところですが、残っているクエと言えばそう、フルフルもどきです!

「前門の虎、後門の狼」ならず、「前門の海竜、後門の……」

・・・・・・。

ギギネブラって、一体何竜なんだ??
posted by みやび at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

フルフルもどきの恐怖

さて、本日のPT戦ですが、最初に行ったのは凍土での鉱石採取クエです。
村での同じクエで何度かやっているので、気分的には楽なもの。ちょちょいとピッケルを担ぎ、雷光虫も採取しちゃえとばかりに網も持ち込む。
噂のフルフルもどき(村では即効逃げたので、実はまともに見てない)に出会ったら、思い切って攻撃しちゃおう、みたいな。そんなノリでクエに出撃。
まぁね、このクエは村で雷光虫集めのために繰り返したクエですからね、そりゃ気楽なものですよ。
ランスの鉄壁の防御があれば、どんな敵だって大概なんとかなりますからね。余裕余裕。

モンハンの鉄則『油断大敵』を忘れてました、正直。

クエが開始し、採掘を行っていると暗いエリア5で出ました、フルフルもどき!
いやもう、今回初めてまともにみましたが、正にフルフルもどきですよ。
普段見ているこちらの方も言っていますが、ペラペラで気持ち悪いフルフル、としか言いようがない。
天井を這って来るし。
天井からダラン、とぶら下がるし。

ええ、ぶら下がったんです。

これを見て私、思ったのですよ。
「あれ? 上突き届きそうじゃない?」
――と。
多分、フルフルもどき(本名覚えてない)を知っている人は、
「騙されちゃだめ!」
って思うんでしょうが、その時は華麗に攻撃してやろう、と思ったわけです。攻撃チャンスきた、と思ったわけです。

そしていざ攻撃! とばかりに踏み込み突きを放った瞬間!!


ぱっくんちょ


正にそんな音でも聞こえそうな感じで、食べられる私。
「え、ええぇぇぇえええ!?」
もぐもぐとフルフルもどきが動く度、ぐんぐん減っていく体力ゲージ。更には毒状態を示すアイコンまで点灯。
もはや私にできるのは、チャットで「うわああああああ」とか「死ぬ!」とか「助けて!」とか打つことだけでした。


今思ったのだけど、レバガチャしたら抜けれたのかもしれない。


とにかく、救出に集まってくれた友達の攻撃が効いたのか、それともフルフルもどきのお口に合わなかったのか、半分ほど体力が削れたところで「ぺ」と吐き出され。
その直後、フルフルもどきが天井から落ちてきて下敷きに。
あっという間に、体力ちょびっと&毒状態&壁際&敵の正面という、地震・雷・火事・親父ばりの状況に。


うへぇあ……フルフルもどき、ちょーこえー。


どうにか回り込んで回復薬を飲み、落ちずに済んだものの、見事にトラウマ化。
なんか尚もフルフルもどきと戦っている狩友に、隣のエリアから「よくやるな〜ガンバレ〜」と応援しつつ、決して戦闘場へは戻ろうとしませんでした。
だって怖いんだもの、あの人! 本気で食おうとするんだもの!


しかし問題は、このフルフルもどき、普通に村クエにも登場するんですよね。んー、どうしよう。
戦いたくないなぁ……←完全トラウマ化
posted by みやび at 02:40| Comment(1) | TrackBack(1) | モンハン3

HR打ち止めきた・・・

今日は村でちょっと素材を集めた後、フレとPT。
☆2のメイン(?)である提灯鮟鱇とドスバギィをぐるぐる回す。
気付けばHRは17になり、本来なら緊急クエが出るところですが、キークエ(多分小型狩りか採取系)をクリアしていないため、緊急が出ず。
ついにはHRPがこれ以上上がらない状態に。
うみゅう。今度ソロでクリアマーク付けなくちゃ。

で、街では道具屋で素材玉が売っていたので大量購入。これでモガの森でピッケル振って帰還しなくて済む。捕獲用麻酔玉もしこたま作れる。ずっと10個前後だったからねぇ。
意外な素材が枯渇するね、今回。

で、クエを進めて作成可能になった太刀を作成。
P2G時代も含めて初太刀でしたが、いやぁ、派手派手。特に普段使ってるランスが地味な攻撃モーションなだけに、ギラギラ煌く太刀には心が躍りました。
ただ、被ダメージは半端じゃないので(立ち回りも分からんし)あくまでも時々担ぐくらいで、基本はやっぱりランスだなぁ、と。
ついでに斧も強化して、ボル斧に。ボル斧改にも強化できる感じだったのですが(素材的には)ここで問題が!

そう……お金がないのです!(この時1600zほど)

うーん、武器作り過ぎたか。素材玉買い過ぎたか。
ランス強化できる時にお金がなくて困りそうだ。
でも、次にお金が貯まったら、まずは斧強化しちゃうけどね。
せっかくだし色々武器使いたいですから。


そういえば今のPTではハンマーがいないんですよね。
むむ・・・これはハンマーを作るべきなのか? べきなのか!?


いやだから、お金がね・・・。
posted by みやび at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3

2009年08月12日

2頭クエ……と言いつつも

☆4のドスジャギィ&ボルボロスの2頭クエに挑戦。
と言いつつも、MH3ではペッコが仲間を呼ぶし、狩場が不安定だと普通に別の大型モンスターが乱入してくるので、目新しいものは感じないのが素直なところ。

ということで、まずはエリア4でドスジャギィとエンカウント。
子分のジャギィに一度攻撃を食らった他は、ノーダメージでクリア。
むぅ、なんか今回上手く立ち回れました。
それともしかして、と思っていましたが、2頭クエということで体力も低かったっぽい。エリア移動も一度もなく、一回目の麻痺時のラッシュで倒してしまいました。

続くボルボロスもいつものようにガード&攻撃。
最近ようやく、尻尾と捻り攻撃をステップで回避できるようになり、攻撃機会もちょっと増えました。
やはりこちらも尻尾を切る前に瀕死になり、睡眠。
尻尾を切りたかったのでそのまま尻尾へ攻撃したところ、そこで切れたので捕獲。
ボルボロスも体力低かったです。

2頭が揃うこともなかったし体力も低かったようなので、2頭クエは楽でした。ただ素材は別に良いわけでもなく。
これで☆4の残りはレイアとフルフルもどき。先にレイアさんを倒すことにします……が、次に村クエやるのは来週かもしれない。
posted by みやび at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | モンハン3